元探偵によるストーカー・盗撮・盗聴対策

女性の安全<探偵視点>

ストーカー対策

元彼はウザい以上に危険…?ストーカー被害から身を守る5つのこと

投稿日:

もうあなたには興味が無い。こっちはそう思っているのに、相手がなかなか諦めてくれなかった時、女性は不必要な負担を背負わされることになります。

 

頻繁にLINEやメールで連絡が来たり、何かと理由をつけて会おうと誘われたり。しつこく付きまとって来る元彼の言動は、女性にとって実はとても危険な状況を生む原因となり得ます。

 

優しくすると付け上がり、冷たくすると最悪の場合ストーカーと化すことも。

 

元彼をストーカー化させないため、あるいはストーカー化してしまった元彼から生活や身の安全を守るため、私たちはどのように元彼と接したら良いのでしょう?

 

しつこい元彼への対処法をご紹介いたします。

 

1 元彼とどんな「別れ方」をしたかを振り返ることがヒントになる

 

まず私たちが正しく認識しなければならないのが、ストーカーになるのは一部の特殊な人間だけではなく、誰にでもその可能性があるということです。

 

しつこい元彼に困っている女性は、どうしても被害者である立場から相手を異常な人物だと見てしまいがちです。しかし、別れ方が悪いと誰にでもストーカー化してしまう可能性はあるのです。

 

元彼と別れた時の状況を振り返ってみましょう。

 

喧嘩別れは元彼を「まだ恋愛は続いている」と勘違いさせる

 

喧嘩別れをした元彼がしつこい場合は、元彼が別れた原因を「喧嘩」だと思っている可能性が高いです。つまり、仲直りさえすれば元に戻ると勘違いしているのです。

 

実際は、喧嘩は「きっかけ」にすぎず、原因は性格の不一致や彼の浮気など他にあるでしょう。しかし元彼がそれを分かっていない場合、いくらあなたが拒んでも元彼は彼氏面を止めようとはしません。

 

なぜなら元彼は「まだ恋愛は続いていて、この喧嘩が終われば元に戻る」と思っているからです。彼氏面を止めないのも当然と言えます。

 

喧嘩別れした元彼には、別れた原因は「喧嘩」ではなく別にあるということを、明確に伝えましょう。

 

円満に見える「別れても友達」パターンには元彼を勘違いさせる恐れも

 

「別れても友達でいようね」と円満に別れたはずなのに、「やっぱりよりを戻したい」と元彼がしつこい場合。それは元彼が「元カノにとって自分は特別な存在だ」と勘違いしている可能性が高いです。

 

元彼はきっとこう考えています。

 

「別れたにもかかわらず友達という形で関係を残した。それは元カノにとって自分が特別な存在で、関係が完全に断たれることを嫌ったからだ」

 

この勘違いは、「自分は特別だから頑張ったらよりを戻せる」という、更なる勘違いを生みます。だからしつこく連絡をして来るのです。

 

このような元彼には、「あなたはもう特別ではない」とハッキリ伝えることで、勘違いを止めさせる効果が期待できます。

 

逃げるように一方的に別れを告げた場合は要注意

 

原因が何であれ、一方的な別れは男性を深く傷付けます。

 

元彼はあなたとの別れに納得をしていません。とにかく話がしたいと、なりふり構わず近付こうとする。一方的な別れは、元彼をこのようなストーカーにしてしまうリスクが高い行為と言えます。

 

とは言え、元彼が話を聞いてくれなかったり、元彼に暴力を振るわれていたりなど、一方的に別れを告げざるを得なかったという場面は往々にしてあります。

 

こうなってしまった場合は、当人同士の話し合いで解決させるのは非常に困難です。共通の友人や知人を介して、少しずつ元彼に「終わった」「もう無理」「この先は無い」ということを理解させる必要があるでしょう。

 

2 しつこい元彼の「心理」を理解することで接し方も分かる

 

一体元彼はどういうつもりであなたに連絡をして来るのでしょう?

 

しつこいLINEやメールにうんざりしているあなたは、「元彼の気持ちを理解しよう」という気にはとてもなれないかもしれません。しかし、元彼がどういう心理状態にあるかを知ることは、元彼との接し方を知る上でとても重要です。

 

よく知らない物事に対策を立てるのは困難です。相手を知り、理解することで、「攻略法」が見えて来ます。

 

元彼の行動原理となっている「未練」は、過去の成功体験にすがる気持ちから

 

元彼が別れた後もしつこく連絡をして来るのは、当然今でもあなたのことが好きだからです。いわゆる「未練がましい」状態となっています。

 

一方、あなたはもう元彼のことは好きではないでしょう。つまり元彼があなたを一方的に好いている「片思い」の状態です。なぜしつこい元彼の片思いは、こんなにも鬱陶しいものになってしまうのでしょうか?

 

それは一度あなたと付き合えたという「成功体験」に起因していると考えられます。元彼にとってあなたと付き合えたという過去は、幸福な思い出であり大きな成功体験です。

 

元彼はこの幸福を失うことを恐れています。そして、一度成功した(付き合えた)のだからまた成功するのではと期待をしています。

 

元彼は自身の傷付けられた「プライド」を満たすための行動をする

 

多くの男性は、「男のプライド」に非常に強いこだわりを持っています。大きな社会問題になっている男尊女卑の概念からも、男性の多くが「男のプライド」というものに強く固執しているのが分かるでしょう。

 

男性はプライドが傷付けられた時、なんとかして自分の名誉を回復しようとします。

 

女性から別れを告げられた男性は、自身のプライドを酷く傷付けられたと感じています。男性はこの事実を受け入れ難く、名誉挽回のつもりで自分を振った女性から再び好かれようとするのです。

 

名誉を回復させようと頑張っている元彼に冷たく接すると、より元彼のプライドが傷付き、より回復させようと頑張ってしまうという悪循環に陥る危険性があります。

 

突然の別れには納得できない人が多い 元彼は納得したいだけなのかも

 

もし理想の別れ方というものがあるとしたら、それはお互いが納得した上で別れるということでしょう。だから元彼はあなたに対してこう考えているかもしれません。「同じ別れるにしても、別れ方というものがある」と。

 

多くの男性は女性ほど勘が鋭くありません。それは男女の脳の違いに起因すると考えられています。あなたが別れを匂わせていたつもりでも、元彼にとっては「突然の別れ」だったのかもしれません。

 

この時、しつこい元彼の心理は「納得したい」という欲求が強い状態だと考えられます。こういった元彼には、元彼が納得ための「情報」や、別れを受け入れる精神状態になるための「準備期間」が必要です。

 

3 LINEやメールを止めないしつこい元彼への具体的な対策法

 

元彼がなぜしつこく連絡をして来るのか、一体どういう心理状態にあるのか。それが分かればいよいよ具体的な対策を行う段階です。

 

元彼をストーカー化させず、しつこいLINEやメールを上手に止めさせるには、具体的には一体どのよう接したら良いのでしょう?

 

しつこい元彼への具体的な対策法をご紹介いたします。

 

勘違いしている元彼には勘違いを止めさせるのが先

 

元彼は、あなたもまだ自分のことが好きだと勘違いしている可能性が高いです。決してそんなことはないと分からせることができれば、元彼は頑張るのを止める可能性があります。

 

また、あなたから嫌われているという自覚が元彼にあったとしても同様です。頑張って口説いたらあなたがまた自分の方を向いてくれると勘違いしていることが考えられます。必要なのはこの勘違いを断つことです。

 

「もう好きじゃないよ」「頑張ってもまた好きになることは無いよ」ということを、ハッキリと伝えるようにしましょう。

 

この時、元彼のプライドを傷つけるような言い方になると逆上させる恐れがあり危険です。優しい言い方だけどハッキリ言うのが理想です。

 

元彼の言い分を全部聞いた上で改めて「NO」を示す

 

別れることに納得していない元彼には、こちらが何を言ってもダメな場合が多いです。向こうの言い分にも耳を傾けなければいけません。

 

直接会うのに危険を感じる場合は、LINEでもメールでも電話でも良いです。誰かに間に入ってもらうのも良いでしょう。とにかく一度、元彼に言いたいことを全て言わせることが肝心です。

 

言いたいことを言えなかったモヤモヤが解消されると人はスッキリします。そうなった時に、元彼は別れを納得して受け入れられる状態になると考えられます。

 

言いたいことを言わせた上で、改めてハッキリと、「それでも別れる」と告げましょう。相手に期待を持たせてしまうような、遠回しな言い方はNGです。

 

新しい恋を知らせ、今の自分が幸せに過ごしていることを伝える

 

男性の中には、女性を「物」のように扱う許しがたい人間も確かに存在します。しかし、多くの男性はそうではなく、基本的には「好きな女性には幸せになって欲しい」と考えています。

 

しつこい元彼は、今でもあなたのことが好きです。あなたが幸せなのであればその幸せを喜び、あなたが新しい恋をしているのであればその恋を応援するかもしれません。

 

あなたが今、別の人に恋をしていること。あなたが今、幸せに過ごしていること。それを伝えることで、元彼にあなたを諦めさせることが期待できます。

 

好きな人がいない場合は、彼氏がいない今の生活が充実していることを伝えるだけでも良いでしょう。

 

LINEをブロックしたりメールアドレスを変えたりして連絡を遮断する

 

伝えるべきことを伝え、聞くべきことを聞き、今の自分は幸せであることを知らせる。それでも元彼がしつこい連絡を止めない場合、元彼はあなたへの依存がとても強い状態だと考えられます。

 

どんな形であれ、あなたと何かしら関係がつながっている状態でありたい。元彼がそう考えている場合は、いよいよ強制的な連絡の遮断も考慮しなければなりません。

 

「もう連絡しないで」と伝え、LINEやメールが来てもスルー。それでも元彼からの連絡が止まない場合は、元彼はあなたが連絡を受け取っているだけで勝手に「つながり」を感じているかもしれません。

 

着信拒否はもちろん、ブロックやメールアドレス変更をして連絡を遮断しましょう。

 

話し合いで解決できない場合は距離を置くことも必要 できることなら遠くへ

 

連絡がつかなくなったら、元彼が直接会いに来るという恐れもあります。元彼があなたの住所を知っていれば家に来るかもしれません。あなたが学生であれば通学路に、あなたが社会人であれば通勤経路に、あるいはよく行くお店に、元彼が現れるかもしれません。

 

こうなるとかなり危険な状態と言えます。あなたの身の安全を第一に考えなければなりません。

 

通学・通勤のコースを変えたり、よく行くお店に行かないようにしたりと、元彼が現れる可能性がある場所を避けるようにしましょう。

 

可能であれば引っ越すのが安全です。もちろん引っ越しには費用がかかりますし、学校や仕事もあります。しかしお金も仕事も身の安全には代えられません。

 

4 元彼がストーカー化した場合は身の安全を優先し速やかに警察へ相談を

 

警察庁のデータに依りますと、2017年のストーカー被害件数は全国で23079件。内88.3%の20381人が女性です。1年間でこれだけ多くの女性がストーカー被害に悩まされています。

 

かつては人権への配慮から、ストーカー被害に対して警察が積極的に動かないことが問題視されていました。しかし、警察に相談したにもかかわらず重大事件に発展してしまったケースが度々起こり、現在は相談体制が充実されています。

 

元彼がストーカー化してしまった場合は、速やかに警察に相談しましょう。

 

ただ、残念なことに警察に相談しても事件を防げなかったというケースはいまだに見られます。警察に相談するのは当然として、自衛も考えましょう。

 

5 自衛の手段はより確実なものを 身の安全を最優先で

 

20171月、長崎県で28歳の女性が元夫に殺害される事件が起きました。被害者の女性は、元夫からストーカー被害に遭っていることを警察に相談していました。相談を受けた警察は事件を未然に防げなかったのか?と、当時、世間の注目を集めた事件です。

 

実は警察に相談したのに事件に発展するケースは非常に稀で、ほとんどの場合は警察に相談することで解決しています。しかし、上述のように全てではありません。

 

元彼がストーカー化してしまった場合、かつ、警察に相談しても身の危険を感じる場合。その時は、あなたの身の安全を最優先に行動しましょう。住む場所や仕事を変えることも真剣に検討してください。命には代えられません。

 

まとめ

 

どんな人にもストーカーになる可能性はあります。しつこい元彼は単なる鬱陶しい存在ではなく、危険なストーカーになり得るということを認識して行動しましょう。

 

元彼の心理を理解することで、正しい接し方ができるようになります。最初から突き放すだけでは、元彼のしつこさをエスカレートさせるだけの結果になる恐れがあります。きちんと伝えるべきことを伝え、聞くべきことを聞くようにしましょう。

 

それらを行ったにもかかわらず、元彼があなたへの接触を諦めなかった時。その時は元彼からの連絡を強制的に断つことも考えなければいけません。

 

危険を感じるようになればすぐに警察に相談を。あなたの身の安全を最優先に行動してください。

-ストーカー対策

Copyright© 女性の安全<探偵視点> , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.