元探偵によるストーカー・盗撮・盗聴対策

女性の安全<探偵視点>

盗聴の対策と発見

盗聴器が仕掛けられていると思ったらチェックしておくべき場所

更新日:

女性が気をつけるべき犯罪の一つに盗聴被害があります。盗聴被害には空き巣犯が仕掛けて行くケース、あなたと係争トラブルを抱えている相手が仕掛けるケース、元カレがストーカー化して盗聴器を仕掛けるケースなど様々です。

盗聴器が仕掛けられているとプライバシーが侵害されてしまうことのほかに、空き巣犯が次の犯行を狙うといったケースまで考えられます。そのため、盗聴器が仕掛けられていると思ったら一度自宅を徹底的にチェックする必要があります。

とは言っても、どこをチェックすれば良いか分からないという方も多いかと思います。そこで今回は、盗聴器を発見するためにチェックしておきたい、盗聴器を設置されやすい場所を紹介します。

盗聴器をチェックするのにあると便利なのが発見器です

盗聴器を探すべき場所を紹介する前に、まずはどういった方法で盗聴器を見付けるのかというお話をしたいと思います。盗聴器はバッテリー内蔵型の単体で動くタイプと、コンセントや電線に接続して半永久的に動くタイプがありますが、それぞれで対処法が異なります。

まず、バッテリー内蔵型の盗聴器はコンセントや電線といった感電の危険のある場所に仕掛けられている可能性は比較的低いので、素手でカバーを外したり、隠し場所を開けたりといった方法が有効です。また、仕掛けられている盗聴器を探す方法としては、目視の他に発見器が役に立つことがあります。

盗聴器は電子機器ですので、作動する際に特有の周波数を発しています。盗聴器の発見器はその周波数をキャッチして隠し場所を探知してくれます。これからご紹介する盗聴器の隠し場所には目視で探しやすい場所もあれば、反対に探すのに手間取ってしまう場所もあるのでホームセンターなどに売られている発見器があると便利です。

また、盗聴器がコンセントや電線に接続するタイプであれば下手に取り除こうとすると火災や感電の原因になってしまうことがあるため、もし目視で発見しても自分では取り除かないことをオススメします。そういった盗聴器への対処には盗聴器の専門家に相談し、発見から除去まで請け負ってもらうと良いでしょう。

また、盗聴器が仕掛けられているとなると警察も動いてくれますので、警察署や交番などに相談してみるのも効果的です。盗聴器を設置する際に1台だけ置いていくというケースはむしろ珍しく、1台見つかったら複数台が仕掛けられている可能性があるので自分だけで対処するのは困難かもしれません。

バッテリー内蔵型の盗聴器を仕掛けるのに適した場所を疑おう

さて、ここからは盗聴器が仕掛けられやすい、チェックすべき場所を紹介します。盗聴器にはバッテリー内蔵型とコンセントや電線に接続するタイプがあることは既にお話しましたが、まずはバッテリー内蔵型の盗聴器について解説します。

バッテリー内蔵型は単体で稼働可能なので、家中のどこにでも仕掛けられる可能性がある厄介なタイプです。とはいえ、盗聴器を仕掛けるのに適した場所と適さない場所というのがあり、ある程度隠し場所を絞り込むことができます。

盗聴器を仕掛けるのに適した場所というのは、人が集まる場所で、かつ音が拾いやすい場所という条件があります。同じ住居の中でも玄関に仕掛けるのとリビングに仕掛けるのとでは住民の会話を拾える期待値には差があります。そこで、盗聴器をまず探すとすれば人の集まるリビングや寝室を探しましょう。バッテリー内蔵型はコンセントに繋ぐ必要がないので、照明の中やコンセントの裏側といった場所を外して探すことができます。

テーブルの裏側やエアコンの上、テレビの裏側などは普段あまり見ない場所なので、盗聴器を仕掛けるにはうってつけの場所といえます。また、テーブルやテレビはリビングに置かれているものなので住民が集まり、盗聴犯としても目的を達しやすい場所です。

他にはテレビリモコンの内側や、ぬいぐるみの内部にも盗聴器が仕掛けられている可能性があります。テレビリモコンやぬいぐるみもリビングや寝室など、人の居る場所に置かれる傾向があるので盗聴器を仕掛けるのに適した場所とされています。

彼氏に貰ったぬいぐるみの中に、実は盗聴器が仕掛けられていたというトラブルは比較的起こりやすいもので、信頼していただけにショックを受けるといった女性も少なくありません。最近彼氏の様子が変だと思ったら、一度盗聴器の存在を疑ってみてもよいかもしれません。

また、エアコンの上などは場所が高く、女性だけで住んでいる住居では目視で発見される可能性が少ない場所なので、やはり仕掛けられやすくなっています。また、盗聴器には指向性と行って、音を拾いやすい方向が決まっているものがあります。

一般に、盗聴器は高い場所に仕掛けることで住居内の音を効率よく拾えるという指向性を持っています。ですので、盗聴器は低い場所よりも高い場所に仕掛けられやすいといえます。そのため、盗聴器を探す場合はまず高い場所を洗い出すという方向性で間違いはありません。

反対に、後で紹介するコンセントや電線に接続するタイプは低い場所に仕掛けられやすいのですが、盗聴の効率としてはバッテリー内蔵型の方が良いという見方もされています。ただし、コンセントや電線に接続するタイプは半永久的に動くので、発見しない限りずっと盗聴されるという問題点があります。

コンセントや電線に接続するタイプは対処に注意!

電源を内蔵のバッテリーではなく、コンセントや電源から供給するタイプは二重の意味で注意が必要です。まず、既に解説した通り発見して除去しない限り半永久的に盗聴を続けられるといった点と、もう一つは取り除くのに危険が伴うという点です。

このタイプの盗聴器が仕掛けられやすい場所としてはコンセントの裏や照明の中など、電源に繋がっている場所です。他にも電源タップの内側やパソコンの内部など、コンセントに繋いで電気の供給を受けて動く機器の内部も仕掛けられやすくなっています。

この場合、盗聴器を取り除くためには電気作業用の装備が必要なので、素人の手でむやみに除去しようとするとコンセントをショートさせてしまって火事や感電を起こしてしまう危険があります。内蔵バッテリー型は電圧も低く、最悪の場合は仕掛けられている機器ごと壊してしまえば良いのですが、電源に接続されているタイプはそうは行きません。

コンセントのカバーを外して裏側を見るぐらいなら大丈夫ですが、もし電線に繋がっている盗聴器を見つけた場合はすぐに警察に通報するか、盗聴器の専門家に相談すると良いでしょう。警察や専門家であれば専用の発見器も持っていますので、目視や市販の発見器で探すよりも徹底的に家の中の盗聴器を探すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、盗聴器が仕掛けられやすい要チェックの場所を紹介しました。盗聴器は大きく分けると内蔵バッテリー型と、電源に接続するタイプがあり、このタイプによって仕掛けられやすい場所に違いがあります。

いずれにせよ、放置しておくとプライバシーが脅かされるだけでなく、空き巣やストーカーといった犯罪に利用されてしまう可能性があるので必ず取り除く必要があります。テレビの裏やエアコンの上など、仕掛けられやすい場所には傾向があるといわれています。

ですが、もし心配な場合は警察や専門家に相談することで徹底的に盗聴器を探して貰えますので、どうしても心配な方は勇気を出して一度連絡してみると良いでしょう。

-盗聴の対策と発見

Copyright© 女性の安全<探偵視点> , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.