元探偵によるストーカー・盗撮・盗聴対策

女性の安全<探偵視点>

盗聴の対策と発見

私生活が監視されている?盗聴器・盗撮器による監視行為の恐怖

投稿日:

ストーカーなどの犯罪者が、ターゲットに付きまとい私生活を監視することがあります。それ以外にも自宅に盗聴器や盗撮器を仕掛ける方法で監視するタイプの犯罪者も存在します。

 

ストーカー被害の中で一番多いのがこの付きまとい行為です。私生活を監視するタイプのストーカーはターゲットのことを「もっとよく知りたい」と思って監視行動に及ぶことがほとんどです。

 

それ以外の付きまとい、盗聴や盗撮の理由としては、ターゲットを「守るため」と思い込んでいるケースもあり、非常に厄介です。

 

ここでは、自分の私生活が監視されていた場合の対処法について解説していきます。

 

盗聴や盗撮をされている気がした場合に警察は動いてくれる?

自分の部屋に盗聴器や盗撮器が仕掛けられ、監視されているかもしれないと感じた時に警察に相談すれば警察は動いてくれるのでしょうか?

 

残念ながら答えはNOです。警察は実際に盗聴器や盗撮器が仕掛けられていて、それによって被害が出た場合にのみ対処してくれます。

 

ですので、警察が実際にあるかどうか分からない盗聴器や盗撮器を自宅まで来て探してくれることはありません。盗聴や盗撮により被害を受けているという証拠は、自分で探す必要があります。

 

そのような証拠を自力で集めて初めて警察に被害届を出すことができるのです。盗聴器や盗撮器は自力で探し出すことができる場合もありますが、それでも見つからない場合には盗聴器や盗撮器発見のプロである探偵などに捜査を依頼することをお勧めします。

 

盗聴器や盗撮器を探すときに注意すべきポイント

盗聴器や盗撮器を探す際には注意すべきポイントがあります。それは盗聴器や盗撮器を探していることを犯人に知られないようにすることです。

 

もし、被害者が盗聴器や盗撮器に気付いているということが犯人に知られた場合、ストーカー行為がエスカレートしてしまう危険性があるためです。

 

ストーカー本人は悪意を持って盗聴器や盗撮器を仕掛けていることは稀です。あくまでターゲットに対する監視行動は、ストーカーのターゲットに対する「好意」から行われていることが多いからです。

 

被害者が盗聴器や盗撮器を発見して撤去することは、ストーカーにとっては自分の「好意」を裏切る行為にほかなりません。もし、盗聴器や盗撮器を発見した場合には、犯人を逆上させないためにその後の対応を十分に考えておく必要があります。

 

一人暮らしの女性が盗聴器により私生活を監視されていたケース

ストーカーが盗聴や盗撮を行うターゲットになりやすいのは、一人暮らしの女性です。私生活を監視されているかもしれない…と思うようになるのにはきっかけがあります。

 

家に帰ったらすぐに無言電話がかかってきたり、部屋の中でしか知りえないような情報が書かれた手紙が投函されていたりといった事から、室内に盗聴器や盗撮器が仕掛けられているかも?と不安になるケースが多いようです。

 

ここでは室内に盗聴器が仕掛けられていて、それが発見されたケースを紹介していきます。

もしかして、私生活を監視されているの?

田中(仮名)さんは29才、システム制作会社に務めるプログラマーです。仕事上出勤と退勤の時間が不規則で、仕事が忙しい時には会社に泊まり込むこともあります。

 

そんな田中さんが私生活を監視されているかもしれないと感じだしたのにはきっかけがあります。久しぶりに早く帰宅できたとき、自宅でテレビを見ながらくつろいでいると、ポストに何かが投函される音がしました。

 

それは、切手が貼られておらず封筒には何も書かれていない手紙でした。中身を確認してみると、「今○○という番組を見てるんだね。久しぶりにゆっくり休めているみたいで安心したよ」と書かれていました。

 

田中さんはその内容を見て背筋が凍る思いをしたといいます、早く帰宅できたことはおろか、今見ているテレビ番組の内容まで把握されていたからです。一体なぜそんなことが見知らぬ他人に知ることができたのか、全く思い浮かびませんでした。

 

付きまといによる監視だけではなく盗聴・盗撮の可能性を疑いだす

帰宅時間などを知るためには、田中さんに見つからないように後を付ければ済むことですが、見ているテレビの内容などは自宅の外からは知りようがありません。その時点で盗聴又は盗撮されているかもしれないと思うようになりました。

 

そこで、田中さんはネットで数千円で売っている、盗聴器・盗撮器発見器を購入し、室内を調べてみることにしました。室内の数か所で反応があったものの、どれが盗聴器や盗撮器の電波なのか判別することができませんでした。

 

盗聴器・盗撮器発見器の取扱説明書をよく読んでみると、盗聴器や盗撮器以外の電波にも反応すると書いてあったので、自力での盗聴器・盗撮器の発見はいったん諦め、投函された手紙を持って警察に相談に行くことにしました。

 

警察は盗聴器・盗撮器の発見には協力してくれない

田中さんは差出人不明の手紙を持って警察に相談に行きました。しかし、あくまで「相談」という形で調書に記録してくれただけで、盗聴器や盗撮器の捜査は行えないと言われその日は帰宅しました。

 

インターネットで調べてみると、どのストーカー関連サイトにも「警察は証拠や直接的な被害を受けないと動いてくれない」と書いてあり、今の状態では警察を頼ることはできないことが分かりました。

 

しかし、差出人不明の手紙はいつか役に立つかもしれないと考え、気持ち悪いと感じながらもビニール袋に入れて保管しておくことにしました。

 

まだ、盗聴器や盗撮器が室内にあるかもしれないという疑惑は晴れなかったので、探偵に依頼することも視野に入れ始めました。

 

盗聴器・盗撮器の発見は探偵や興信所で請け負ってくれる場合が多い

インターネットで調べた結果、盗聴器や盗撮器の発見は探偵や興信所で請け負ってくれることが分かりました。その中からいくつかの業者に電話をかけ、自宅の広さを伝え、見積もりをとってもらいました。

 

その中でも一番信頼のおけそうな業者に盗聴器・盗撮器の捜査を依頼することにし、費用は田中さんのワンルームの自宅で約10万円ということでした。決して安い金額ではありませんが、今後もストーカーに悩まされ続けるよりはと調査を依頼することにしました。

 

調査の内容は室内の電波点検、電話回線の点検、目視点検などでプロ用の精度の高い探査機を用いて調査が行われた結果、田中さんが利用している携帯電話の充電器から盗聴器が発見されました。

 

携帯電話の充電器なら室内の盗聴もでき、しかも外出時に持ち運ぶこともあるのでいつどこでどの様な会話をしたかをストーカーが把握できていたということになります。

 

盗聴器が発見された時点で、その充電器や周囲にはなるべく触らないようにし警察に通報、指紋などを調べてもらい、調書をとってもらうことになりました。

 

証拠がそろって初めて警察に被害届の提出ができる

盗聴器が発見された時点で、盗聴されているというはっきりとした証拠をつかむことができ、また最初に盗聴されているかもしれないと思うようになった差出人不明の手紙も証拠として添えて、警察に被害届を提出しました。

 

盗聴器を仕掛けること自体は罪に問うことはできませんが、盗聴器を仕掛けるために無断で田中さんの自宅に侵入した時点で「住居侵入」の罪に問うことができます。

 

また、監視していることを本人に告げることは「ストーカー規制法」に抵触するので、この二点について警察が捜査に乗り出してくれることになりました。

 

さらに、警察は田中さんの自宅付近の巡回やパトロールの頻度も増やしてくれるとの事なので、今後は以前より安心して生活できるようになりました。もちろん、犯人が逮捕されるまでは完全に警戒を解くことはできません。

 

しかし今後は何か不審なことがあれば、迷わず警察に通報・相談ができるようになったということで、心強くなったそうです。

 

まとめ

ここまで、一人暮らしの女性が盗聴又は盗撮されているかもしれないと感じた時に、どの様な行動をとるべきか、警察に動いてもらうためにはどうすればよいかを実際に盗撮されていた女性のケースを交えて解説してきました。

 

警察を動かすためには、盗聴又は盗撮されていたという証拠が必要で、そのためには自力で盗聴器や盗撮器を発見する必要があることがお判りいただけたと思います。

 

また、私生活を監視していることをほのめかす手紙や電話があった場合にも、手紙は保管し、電話もできれば録音おけば証拠として活用することができるので、安易に廃棄してはいけません。

 

ストーカーによる私生活の監視にはある程度の自衛が必要ですが、それでも迷惑行為に悩まされる場合には警察に相談し、調書という公の文章に記録を残してもらうようにしましょう。

 

そうすることで、より決定的な私生活の監視の証拠が見つかったときに、警察の捜査に役立てることができるでしょう。

 

 

-盗聴の対策と発見

Copyright© 女性の安全<探偵視点> , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.