元探偵によるストーカー・盗撮・盗聴対策

女性の安全<探偵視点>

盗聴の対策と発見

盗聴されていると感じたらどうすればいい?意外と簡単!盗聴器発見法

投稿日:

自分の部屋に盗聴器が仕掛けられているかも?と思ったことはありませんか?もし本当に盗聴器が仕掛けられていたとしたら、個人の情報が誰かに流れているということになります。

 

そのような場合には、プロに盗聴器の有無を確認してもらうのが一番確実です。しかし、プロに盗聴器の発見を依頼するには費用が掛かります。

 

プロに依頼する前に、自分で盗聴器を発見することはできないのでしょうか?ここではプロに盗聴器の有無を調べてもらう前に自分でできる盗聴器発見法を解説していきます。

 

盗聴器を仕掛けやすい場所を自分の目で確認して発見する方法

盗聴器は仕掛けられやすい場所というものがあります。特に仕掛けられやすい場所が延長コードやコンセントの二口タップなどです。自分の家に身に覚えがないこれらのものがあったら、その中に盗聴器が仕掛けられているかもしれません。

 

延長コードや二口又は三口タップなどに盗聴器を仕掛けると、これらがコンセントに接続されている限りは電源が切れる心配がありません。そのため半永久的に盗聴を続けることができるため、盗聴する側にとって盗聴器を設置するのに最も都合が良い場所と言えます。

 

また、プレゼントでもらった品物の中や、机・ベッドの下など目立たない場所に盗聴器が仕掛けられていることもあります。このような場所に設置されている場合は、電源を電池に頼ることになるため、電池が切れた時点で盗聴できなくなってしまいます。

 

盗聴器は小型のものがほとんどなので、目視で発見するのは難しい場合もあります。しかし、盗聴器が仕掛けられているかもと思ったら、まず最初に自分の目で盗聴器を探してみるようにしましょう。

 

スマホやタブレットに不審なアプリが作動していないか確認する

一般的に盗聴を行う場合には盗聴器が必要ですが、普段使用しているスマートホンやタブレットが盗聴器になっていることもあります。持ち主が知らない間に盗聴用のアプリをダウンロードされていて、盗聴が行われていたというケースが最近増えています。

 

このようなアプリが知らないうちに第三者にダウンロードされていた場合、盗聴だけでなく、遠隔操作で中のデータを抜き取られていることもあります。なので、不審なアプリを発見した場合、すぐにアンインストールするようにしましょう。

 

それ以外にもスマホやタブレットを使った盗聴方法があります。自動応答機能を付けたスマホをターゲットの自宅に設置して、そのスマホに電話して室内を盗聴したり、スマホのボイスレコーダー機能を利用して室内を盗聴し、後でスマホを回収するといった方法があります。

 

FMラジオも盗聴器の発見に利用できる場合がある

FMラジオを使って盗聴器を発見できる場合もあります。この方法は仕掛けられている盗聴器が無線式の物で、発信してる電波の周波数がFMラジオで受信することができる範囲のものである場合に有効な方法です。

 

ですので、盗聴器の電波がFMラジオで受信することができない周波数である場合には発見することはできません。

 

盗聴器の発する周波数はFMラジオで受信できる周波数よりも広くなっています。なので、FMラジオで受信できる不審な音声がなかったからと言って完全に安心することはできません。

 

この方法はあくまで盗聴器を発見するための一つの手段と考えておきましょう。この方法で盗聴器が見つからなくても、まだ気になる場合には、他の方法を使って盗聴器がないかを確認するようにしましょう。

 

盗聴器発見器やレシーバーを使用して盗聴器を発見する方法

盗聴器発見器やレシーバーは今ではインターネット通販などで簡単に購入することができます。その中でも比較的安価に販売されているのは盗聴器発見器です。盗聴器発見器は不審な電波を受信するとアラームや振動でそのことを使用者に伝えてくれます。

 

しかし、このような盗聴器発見器は盗聴器以外の電波も受信してしまう可能性があります。一般家庭の中でもテレビやラジオの電波から、コードレスホンや電子レンジなど様々な電波が飛び交っています。

 

そのような電波にも反応してしまうので、盗聴器発見器が作動した場所を調べても、盗聴器が出てこない可能性があり、注意が必要です。

 

レシーバーは盗聴器発見器に比べて高価ですが、電波を受信してその音声の内容を確認できるので、より確実に盗聴器を発見することができます。

 

レシーバーのデメリットは高価であるということです。しかし、レンタルをしてくれる業者も存在するので、価格が気になる場合には、レシーバーをレンタルして盗聴器発見に役立てることをお勧めします。

 

まとめ

ここでは、盗聴器を自分で発見する方法を4つ解説してきました。単に目視で確認する方法から、盗聴器発見器など特殊な機械を使用する方法まで、さまざまな方法があることがお判りいただけたと思います。

 

現代では、技術の発展から盗聴器だけではなく、スマホやタブレットも盗聴に悪用できるようになりました。まさか自分が普段使っているスマホやタブレットが盗聴器になっているとは思わない人がほとんどでしょう。

 

もし、ここに紹介した方法で盗聴器が発見できなくても、誰かに盗聴されている可能性がなくなったわけではありません。盗聴器が発見されなくても、まだ気になることがある場合には、盗聴器発見のプロに操作を依頼することをお勧めします。

 

 

-盗聴の対策と発見

Copyright© 女性の安全<探偵視点> , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.