元探偵によるストーカー・盗撮・盗聴対策

女性の安全<探偵視点>

ストーカー対策

ストーカーによる待ち伏せ被害は年間1万件!その事例と対策法を徹底解説

投稿日:

仕事や学校の行き帰りなど、いつも通る場所などで待ち伏せされた経験はありませんか?

特に夜、自宅に帰った時に家の前で待ち伏せされていたら恐怖ですよね。

 

自宅を知られている事や帰る時間の把握など、いつから知られていたのだろうと思うと自分の気づかない間にストーカーをされていた怖さで眠れなくなるかもしれません。

 

ストーカー行為の犯罪は近年、増え続けています。

待ち伏せされた方の中には、恐怖で日々の生活にも影響を与えてしまい、毎日悩みながら過ごしている女性もたくさんいます。

 

そんなストーカーによる待ち伏せされた体験事例やストーカーによる待ち伏せの対策まで詳しくご紹介します。

 

執念深く嫌がる相手の気持ちが理解できないストーカーの待ち伏せ事例

 

ストーカーの犯罪事例の待ち伏せ行為は、犯行が大胆になってきている証でもあります。

つきまといから被害者の行動を把握し先回りして待ち伏せ、隙があれば声を掛けてきたり、強引に暗闇に引きずり込み、身体を触られるなどの被害に繋がってしまいます。

 

待ち伏せされた経験者は意外に多く、次のような警察が把握する被害件数に数えられていないものもたくさんあります。

 

「帰宅するといつも自宅近くに同じ車が停まっていて車内から男の人がずっとこちらを見ていた。気にしないでいると、ある日、車から降り近づいてきてすれ違いざまに身体を触られた」

 

「会社から帰る時に社員通用門前で毎日同じ男性に待ち伏せされていて、駅までの道のりをずっと後をつけられた」

 

「別れた元恋人が、家の前でうろつき帰宅するのを毎日待ち伏せされていた」などストーカーの待ち伏せ行為は、いつ誰が対象になるか分からないほど私たちの生活の中で、頻繁に起こっている犯罪でもあります。

 

待ち伏せをするストーカーに共通する危険な心理状態

 

ストーカーになってしまう人物には、認知のゆがみがあると言われています。

現実を見ずに自分の妄想や思い込みを現実と捉えてしまうものです。

 

待ち伏せをするストーカーは、自分がいつも好意を抱く相手に対し、自分の存在を知ってもらいたいという承認の欲求や仲良くなれるはず、好きになってもらえるはずという一方的な妄想を現実と捉えてしまい、相手が嫌がっていることすら理解できない状態です。

 

一般的に考えると相手が嫌がることをすれば嫌われてしまうという当たり前の捉え方も、ストーカーには存在しないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

そんな一方的な妄想に支配されているストーカーに対し、正論をぶつけたり、極端に拒絶するのは逆効果の場合もあります。

 

また、怖いからと中途半端に相手にしてしまうと、ストーカーは自分の都合のいいように捉えてしまい、ますますストーカー行為が激しくなる事があります。

 

待ち伏せをしてくるストーカーは、自分の承認欲求が満たされなかったり、拒絶されると相手に対する愛情が憎悪に変わってしまい、攻撃性を持ってしまうと大変危険です。

 

ストーカーに待ち伏せされたら一人で悩まず周囲の力を借り対策する

 

ストーカーに待ち伏せ行為をされた時に、怖く関わりたくないからと無視をしたり自分一人で何とかしようと頭を悩ますのは良くありません。

 

実際に、被害者が怖がっていたり困る姿を見て喜ぶストーカーもいるのです。

ストーカーには自分の存在を知らしめる為には手段を選ばないという怖さがあります。

 

ストーカーの待ち伏せによる被害があった時は必ず、家族や友人、職場の上司などに相談しておきましょう。

また早めに警察に相談しておくこともとても大切です。

 

なるべく一人で行動する時間を減らし、夜帰宅する時には、家族に迎えに来てもらったりタクシーを使うなどの手段も必要です。

 

夜道の場合は、無理やり人けのない路地に引き込まれ、レイプされてしまう事例もあります。

また家の前で待ち伏せされる時は、一緒に家に入り込もうとするかもしれません。

 

待ち伏せ行為は、それほど危険な行為でもあるので防犯ブザーを持ち歩いたり、すぐに電話が出来るようにしておくなど、防犯の意識を高く持っておく必要があります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

待ち伏せするストーカーは、無言でつきまとう行為よりも更に一歩進んだストーカー行為と言えます。

 

自分の存在を知ってほしいという欲求や、相手を自分の思うようにしたいという気持ちから支配性が加わったストーカー行為です。

 

元々の性格や精神疾患による認知のゆがみによってストーカー化してしまう場合もあれば、

まじめに仕事に取り組んでいるような普通の人でも、何かのきっかけでストーカー行為に及んでしまう人はいます。

 

待ち伏せを繰り返すようなストーカー被害に遭った場合は、必ず周囲に助けを求めましょう。

一人でストーカーに対し対峙しようなどとは思わないことです。

 

また極端に拒絶する場合は、ストーカーが逆上すると危険なので、身の安全を保障できる環境であることや、恨みを買わないように細心の注意が必要です。

 

ストーカー被害に遭うと、毎日そのことで悩まされ日々の生活にも影響してきます。

一刻も早く解決したいと思いますが、家族や友人、警察の力を上手く利用して賢く対処できるようにしたいですね。

-ストーカー対策

Copyright© 女性の安全<探偵視点> , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.